読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性の自毛植毛体験談とホールICL体験談2015~2016

皆も知りたい術後の経過などを詳しくお伝えします

術前の健忘録

手術は1月なので、まだブログに載せていない詳細を記録しておきますね。

【びまん性脱毛の原因について】

女性のびまん性脱毛の原因は様々です。生活習慣に起因するものやホルモン異常、甲状腺ホルモン異常など。そのため脱毛が生じたらできるだけ大きな病院で精密検査をすることをお勧めします。

私の場合は全く健康な状態ですので、その他の原因。Kで言われたのは、出産に伴うもの。新生児の毛髪はかなり細いため毛髪があっても見えにくいので薄毛に見えます。それが次第に成長に伴い太くなり、フサフサしてきます。その過程で成長が阻害される因子があった場合です。たとえば出産時に吸引分娩をしたため毛細胞が損傷した。血腫があったため血流が阻害された。などです。その場合頭頂部が薄くなります。

しかし、原因の特定は難しいでしょう。私もかなりクリニック巡りしましたが、結局はっきりしていません。

【びまん性脱毛の症状について】

女性の場合は頭頂部から後頭部にかけて細くなるが細い毛は残っているというのが特徴のようです。さらに側頭部も薄くなる方もいるみたいです。ほとんどの方はフリカケなどで改善する程度の毛量みたいです。改善しない程度の方は内科的な問題があるか薬害かもしれません。(私の見解です)アクティブに脱毛が見られている状態の場合も、内科に行くべきだと思います。

【治療法について】

内科的な問題ではない場合。まずは血流を増やすミノなどの薬剤、炎症を抑えるためのステロイドなどを勧められるようです。改善しない場合は、外科の領域になると思います。植毛です。

女性はショックロスが顕著に起こると言われていますが、それは女性の毛髪が長いため目立つだけで、男女差はないとKでも説明を受けました。Yでの説明では、植毛した毛髪が血流を奪うためもともとあった細い毛髪が一時的に抜ける可能性があるとのことで、毛髪の絶対数は変わらない、というのが共通の見解でした。たとえドナー毛が細くても、健康な細い毛髪ならば必ず生着するそうです。Yの先生も、ミノで改善しない場合は植毛適応と話しています。ただ、1回での効果が見えにくいとのこと。即ち、びまん性脱毛の女性でも植毛の効果はあるということです。Yの先生からも、毛髪の入れ替えという意味では効果があると説明を受けています。細い毛髪を失う覚悟で後頭部の太い毛を植え替えるとボリュームアップすると。ただし、後頭部に植え替えるに十分なドナーがあるのが条件です。全体的に脱毛が進んでいる場合は内科的治療を続けるしかないようでした。

術式についてはFUEの場合十分なドナーが取れないし、ドナー損傷のリスクがあるし、後頭部のスカスカが目立つそうです。ドナー数が多い場合はFUTがベストとKとYの先生は説明していました。女性の場合は坊主にはしないし、FUTでも問題ないですよね。

 

 

もっと詳しく聞きたい方は、是非コメントして下さいね。

 

余談:植毛医療は移植手術なので、スピード勝負ですよね。医師1人でそんなに素早い手技ができるのか疑問です。古くからあるクリニックはベテランの看護師に医師が行うべき技術をさせてる所も多いですし、やはり医師の多いクリニックのほうが良いのでは?と、個人的には思います。どこも麻酔科医がいないようですし、緊急時の対応含めて。

Kの症例写真の女性ですが、クリニックの写真で見ると、私と同じ感じの毛量の脱毛でした。画像ではわかりにくいものです。

びまん性脱毛の場合は手技が面倒になるでしょうし、女性はいちいち細かいし、訴訟になりそうでやりたくないなと私なら思います。そこを返金保証で引き受けてくれるKクリニックは、本当に技術に自信があるんだと思います。

☝これは2か月くらい使いました。私はブラックにしました。頭全体を隠しても不自然ではないのでお勧めです。